素顔の奈良を感じてほっこり
「なら時間」

2000円 80ページ B5変形カバー

 

メッセージ

31歳の時、先天性の病気が見つかり、今迄あたりまえだと思っていた勤め人の生き方が出来なくなりました。その時に出会ったのが写真でした。

 

必死でくらいつき、この写真集では著名なドキュメント写真家、英伸三さんの編集/構成で完成しました。

 

私の新しい人生の集大成です。みなさん、よろしくお願いします。

 

宮崎悦子
 

いますぐ注文する

 



 

読者の感想

宮崎悦子写真集『なら時間』。たまらない写真が満載。奈良市内だけでなく県下の商店街など、うーんココ、ココと思わず唸る場所でも。従来の写真とは何かが違う。その違う根っこを知りたくなり写真を穴の開くほど見てしまい、そしてニヤリとする。

 

 

ならの風景と時間をそばで感じられる写真集ですね。奈良という特別な世界が実は私たちが安息できる日常の暮らしの延長なのですね。とてもいいものを提供してもらえました。ホッコリします、ありがとうございます。

 

 


素人感想ですみませんが、「素の奈良」感が、同じ奈良人としてすごく癒されるます!

いますぐ注文する
奈良好きの皆さん!ぜひぜひお買い求めくださいね。






写真は粗削りながら、人々の暮らしや感情が直裁に捉えられていて訴えるものがある。彼女はひと一倍直観力が鋭く、その場の状況や相手の動きの中から、ここぞとというポイントを一瞬に読み取り、映像として切り取っているからだろう。

生まれ育った奈良を撮るには、周りで繰り広げられる日常の姿を新たに見直す鋭敏な感覚と、その魅力を感じて興味をかきたてるエネルギーが必要だったろう。

本書の写真の一枚一枚には、宮崎流スナップショットで古都奈良に住む人々、古都に訪れた人々の姿が生き生きと展開され、見る者に「奈良」発見の楽しみを与えてくれる。(英 伸三)



いますぐ注文する
 

宮崎悦子 略歴

2009年、奈良の写真サークル「ま・どんな」に入会。はじめてデジタル一眼レフカメラを購入して、写真活動を開始する。

2012年 全国写真公募展「視点」で『ねこ庵 ミステリアスな奴ら』優秀賞

2013年 全国写真公募展「視点」で『東京ラプソディ』優秀賞

2014年 全国写真公募展「視点」で『東京スプリッツ』特選

2016年 全国写真公募展「視点」で『強行採決の夜』特選